(出典 www.city.kashiwazaki.lg.jp)



(出典 www.jtuc-rengo.or.jp)


子供の心を受け入れる姿勢は素晴らしい。こんな風に育てられたら、きっと素敵な大人になると思います。

1 PARADISE ★ :2024/02/26(月) 19:46:42.89 ID:ZNU5EC9T9
 「自分は女の子なのに、なんでトイレは立ってしないといけないの?」。4歳の長男が母親に投げかけ、“こころの性”と“からだの性”が異なる「トランスジェンダー」をカミングアウトした。

 日本人の10人に1人がLGBTQ+(性的少数者)との調査結果もある。性を自認するのは13~14歳が多いと言われ、4歳での告白は極めてまれだ。

 「どんなあなたでも好きだよ」。母親は即座に受け止めた。それから5年あまり。いまは女の子としての生活を続けている。

 北海道で暮らすこの親子を通じ、LGBTQ+や家族を取り巻く現状と課題を探る。


 2019年の秋。幼稚園からの帰り道だった。北海道に住む優子さん(32)=仮名=は、長男の樹(じゅり)さん(9)=仮名=から告白された。

 自転車をこいでいた優子さんに、幼児用シートの樹さんが後ろから語りかけた。

 「樹はつぶやくように、突然言い出したんです。『自分は女の子なのに、なんでトイレは立ってしないといけないの? どうしてスカートをはいたらダメなの?』と」(優子さん)

 樹さんは、ミニカーや戦隊モノのおもちゃより、おままごとで遊ぶことが好きだった。おっとりしていて争いごとを好まず、女の子とよく遊んでいた。

 優子さんは樹さんにいわゆる「男らしさ」は感じていなかった。

 「産んだのは私だけど、この子の人生だから否定することじゃないと思った」。驚きはあったが、意外なほどすんなり納得できた。「どんなあなたでも好きだよ」。すぐに気持ちを伝えた。

 樹さんも当時をはっきり覚えている。4歳にとって重い決断だった。

 「ずっと言うか、迷っていた。いつか言おうって。言ったら何を言われるかなって考えていた」(樹さん)

 母親は肯定してくれた。

以下ソース
https://news.yahoo.co.jp/articles/3ef8459fa346680907152d71d4d26e90c812a3ac

【【LGBT】母親の愛に感涙!4歳児の性自認に寄り添う姿勢に称賛の声】の続きを読む