ぜんぶまとめて開運中!

トレンドニュースを中心にスピリチュアルや金融などに関するまとめサイトです。

仕事


このような悲劇が繰り返されないよう、企業は従業員のメンタルヘルスケアに力を入れるべきです。働く人たちが心身ともに健康で、安心して働ける環境が整備されることが必要です。

1 香味焙煎 ★ :2024/05/07(火) 05:55:33.95 ID:SHMwLMe29
 前橋市に本店がある第二地銀・東和銀行の男性行員(当時25歳)が自*、労災と認定されていたことが関係者への取材で判明した。配置転換に伴う未経験業務への重圧に加え、上司のパワハラによる複合的な要因で、精神的に追い込まれた過労状態だったと判断された。男性は異動後わずか2カ月で命を絶っており、遺族は銀行側に損害賠償を求める方針だ。

 男性は大学卒業後の2014年春に入行し、個人事業主らを対象にする個人向け営業担当などを経験。入行4年目の17年4月、川越支店(埼玉県川越市)に異動し、初めて法人向けの営業担当となった。

 5月31日、顧客と面会する予定があったが、埼玉県内の自宅で倒れているのが見つかり、死亡が確認された。男性の自室からは「仕事で悩んでいました。誰にも相談できず、どうにもならなくなっていました」などとつづられたメモが見つかった。

 男性の遺族や代理人弁護士によると、男性は川越支店への異動後、上司から同僚らがいる前で「数字が上がらない」「稟議(りんぎ)書の作成が遅い」と威圧的な叱責を受けていたことが明らかになった。

 この上司は休日になると、自身の名字で「○○塾」と称し、自宅に男性ら部下を呼び出すこともあった。男性は「土曜や日曜に上司の家で、急に仕事をさせられる」と友人に漏らしていたという。

「相談しやすい職場を」

 男性の死後、遺族が川越労働基準監督署に労災を申請した。労基署は23年8月、配置転換で心理的な負担が生じていたと判断。法人担当は「花形」とされており、周囲からの期待や業務量の多さに追い込まれていた一方で、仕事の悩みを相談しにくい職場だったと指摘した。これに上司によるパワハラも重なって適応障害を発症し、自殺につながったと結論付けた。

 遺族の代理人を務めている立野嘉英弁護士(大阪弁護士会)は「未経験業務を担う人をフォローし、相談しやすい職場を作っていくことは、従業員のメンタル*対策として重視すべきだ」と話す。

 東和銀行は取材に「大変残念なことが起きたと受け止めています。労基署の調査結果を把握していませんが、ご遺族から連絡があれば、真摯(しんし)に対応してまいります」とコメントした。【土田暁彦】

毎日新聞
2024/5/7 05:00(最終更新 5/7 05:17)
https://mainichi.jp/articles/20240502/k00/00m/040/113000c

【【東和銀行】25歳銀行員が過労自殺 配置転換の真相とは?】の続きを読む



(出典 tech-camp.in)


地域によって試行・導入されているんだね。働く人たちのライフスタイルに合わせて柔軟に働き方を提供していくのは素晴らしい取り組みだと思う。

1 煮卵 ★ :2024/04/29(月) 09:32:23.48 ID:fJNUax2U9
全国の自治体に2024年度から、「週休3日制」を選択できる制度を試行・導入する動きが出ている。

1日の勤務時間を延ばすことで、その分、平日に休みを取る方法。子育てや介護を理由とするケースに限らず、基本的には全職員を対象にする自治体が多い。
ライフスタイルが多様化する中、人材確保などにつなげる狙い。新たな働き方として定着するか注目される。

茨城県は4月から、選択的週休3日制を導入した。教員や交代制勤務の職員らを除く全職員が対象で、子どもの送り迎えや介護が必要な親の通院、リスキリング(学び直し)などでの利用を想定。
大井川和彦知事は「新しい働き方の見本になるような職場を目指したい」と述べた。

千葉県も6月から始める方針だ。対象は原則、知事部局の全職員。
人事課は「さまざまなライフスタイルを実現するための柔軟な働き方につながれば」と説明している。

いずれもフレックスタイム制に基づき、1~4週間単位の総労働時間を変えずに、勤務日の労働時間を増やした上で、土日以外に週1日休日を設ける仕組み。
仕事と私生活を両立しやすい環境を整え、優秀な人材の確保や離職の防止を図る。職員のスキルアップにも生かしてもらいたい考え。

岩手県久慈市は25年度からの本格導入を見据え、今年5月から試行を始める。市では23年度の職員採用試験の応募者数が前年度からほぼ半減した。
担当者は「多くの人に市で働きたいと思ってもらいたい」と話す。

一方、選択的週休3日制を巡っては、自治体関係者から「自治体の規模によっては業務が回らなくなる可能性がある」との声があるほか、1日の労働時間が増えることに対し「負担が大きくなり、作業効率が落ちるのでは」との見方がある。
秋田県の佐竹敬久知事は3月、「今のさまざまな仕事が減ることはない。そう簡単にいかない」と指摘。
まずは職員の年次有給休暇の消化率向上などに取り組む考えを示した。

[時事通信]
2024年4月29日(月) 7:18
https://news.yahoo.co.jp/articles/1de741ef42ba65b8312ffa4333279c8391ebcbb6

【【働き方】週末が増える!「週休3日制」を導入する自治体の取り組みに注目】の続きを読む



(出典 cdn.j-town.net)


時代錯誤だと思うけど、やってみる価値はあると思います。
色々な事から守られている若者には「サバイバル」を生き抜く力は必要かもしれないですね。以外と楽しいと思えるかもです!

1 おっさん友の会 ★ :2024/02/14(水) 10:04:52.86 ID:FApQrJvk9
理不尽な上司やわがままな部下、さらには居丈高な取引先との軋轢から、誰しもメンタルをやられてしまうことはある。ストレスフルな時代と言われている今、強メンタルを手に入れるにはどうすればいいのか?打たれ強く生きるためのノウハウを学ぶ。

●大手企業も採用。令和でも必要とされているハードな社員研修

心と体を鍛え上げるハードな社員研修は令和でも必要とされている。食品大手の日清食品ホールディングスでは、コロナ前までは頻繁に「無人島サバイバル研修」を実施。文明社会から隔絶された自然の中で生活することで自活力を磨き将来の「骨太の管理職」を育成するという。

また、ゲームソフト制作大手のバンダイナムコエンターテインメントでも、新入社員向けに「MANZAI研修」を行い、大勢の厳しい視線が集まるなかオリジナル漫才を披露させ、自分の殻を打ち破る経験を積ませている。

●“地獄の訓練”として名高い管理者養成学校
そんななか、多くの企業がこぞって社員を送り込む「社員研修」がある。企業の幹部候補生を育成する“地獄の訓練”として名高い管理者養成学校だ。

「基本的には13日間、富士山の麓の合宿所で、早朝から夜まで分単位でカリキュラムを実施。スマホを預け、テレビもラジオもネット環境もない施設で、社会生活から切り離され、研修に100%没頭できる環境となっています」

【中略】

人前で歌う、ひと晩で40km行進。社会と断絶して自分を追い込む
強靭なメンタルをつくり上げる特別カリキュラムはまだまだある……。

「消極的姿勢を打破するため、施設近くの駅前に立って、大声で歌を歌う訓練(現在は研修施設内で実施)。また膨大な量の課題と、それを発表するプレゼンなどがあります。

地獄の訓練を乗り越えて、一生使える強メンタルを手に入れる

続きと1日のスケジュールは
エキサイトニュース 日刊SPA 2024/02/13
https://www.excite.co.jp/news/article/Spa_1970049/

【大手企業も採用する“地獄の社員研修”とは?担当者は「強メンタルを手に入れられる」 とコメント】の続きを読む

このページのトップヘ