ぜんぶまとめて開運中!

トレンドニュースを中心にスピリチュアルや金融などに関するまとめサイトです。

フィギュアスケート



(出典 jprime.ismcdn.jp)


離婚劇を経てのこのセリフ、何とも切ないですね。羽生結弦の想いが徹底的に描かれている感じがします。ただ、3か月での結婚・離婚は非常に短い期間ですよね。何が起きたのか、もっと詳しい経緯が知りたいです!

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/02/06(火) 20:32:10.22 ID:EHzRiWUc9
「ありがとう、もうあなたは必要ない」元恋人が羽生結弦から言われた別れ際のセリフを暴露!? 3か月の結婚・離婚劇に「あはは」
2024/2/6

《え?付き合ってたの??羽生くん、やるやん。なんか意外だった》

 先月末、ロシアのニュースメディア『Gezeta.RU』が羽生結弦(29)の過去の交際について報じた。

 お相手は、'18年の平昌五輪女子フィギュアスケートで銀メダルを獲得している“ジェーニャ”ことエフゲニア・メドベージェワ(24)だという。過去に交際を噂された2人だが、当時羽生は交際を否定。彼女の口からその交際を語られたことには驚きだが……。

羽生結弦から「ありがとう、君は僕にもう必要ない」

 メドベージェワは2度に渡ってその“交際”について語っている。

 一つ目は、YouTubeチャンネル「マカレナ」において、チャンネルの司会者のカレン・アダムヤンとTikTokブロガーのダニーロ・ミローヒンとの鼎談動画だ。

 ゲストであるメドベージェワに“50の質問をする”という企画の中で、司会者(カレン)が彼女に対し、「これまで恋愛感情を抱いたことはあるか?」と尋ねると……

「恋愛経験はありました。私の初恋は、とても強かった。その人の名前は言えないのだけど……」(メドベージェワ)

「僕は彼を知ってるよ」(ダニーロ)

「必要ないから黙ってて、お願いだから黙ってて!4年前に終わり、大分経ったので(関係を)戻したくはありません」(メドベージェワ)

「でも君は彼を好きだったんだ?」(ダニーロ)

「16歳から18歳頃の時は、恋に落ちると、すべてが“ああ、この感情はどこに行くのだろう”と感じた。つまりもっと人を好きになることが出来るなんて、想像すら出来ない」(メドベージェワ)

 そして、その“交際相手”から心ない言葉で別れを告げられたと告白。

「ただハッキリと、“ありがとう、君は僕にもう必要ない。君がいなくても僕の人生は全て上手くいっている。さようなら”。ほとんど2年間一緒にいてその後だったので、私は、驚いて飛び上がりそうになりました」

 彼女は若かりし頃の恋愛経験について、「人を好きになると、その人を完璧だと思ってしまう。好きという感情で相手の欠点が見えなくなってしまう」と動画で語っている。

105日の結婚&離婚劇に悲しみと笑い

 二つ目は、メドベージェワ自身のYouTubeチャンネルでコメディアンのナージャ・ジャブライロワとの対談での一コマだ。

 メドベージェワは「去年、私の元カレが結婚したの。私はこんな感じだった。(泣き真似をしながら)“えーん”」と告白。

 そして、こう続けた。

「それから3か月後に彼は離婚したの。私は(笑顔で)“あはは!”という感じだった」

 この動画が公開されると、ロシアの各社ニュースメディアが「羽生との交際をメドベージェワが語った」と報じた。

 日本でも『女性自身』が『羽生結弦 ロシアの人気スケーターが過去の交際を匂わせ?「元カレが去年結婚して3カ月で離婚した」』と報じると、SNSでは、

《メドベージェワやっぱり羽生結弦と付き合ってたんやな。噂はあったよな》

《カナダまで追いかけて、なんか怖いなーとすら思ってた。羽生くん、メドベの事は当時否定してたような》

《おいおい、メドベージェワ、また羽生信者を怒らせる様な事を。こりゃもう日本には来れないぞ》

《誰しもがもつ裏の顔というだけです下半身は別人格……放っといて》

 と驚いたというコメントが乱立している。

 現役選手から引退した後もまだまだ注目される羽生。105日の結婚&離婚劇はフィギュアスケート界に大きな衝撃を与えたが、羽生の独身への返り咲きに歓喜するファンがいる一方、「(相手を)守ってやれよ」という声が上がっていたのも事実。

 過去の交際を仄めかされるも完全無視を続ける羽生。彼女の発言をどう受け止めるのだろうか。

https://www.jprime.jp/articles/-/30822?display=b

(出典 www.jprime.jp)


(出典 www.jprime.jp)

【「ありがとう、もうあなたは必要ない」元恋人の告白にファン騒然!羽生結弦の意外な一面とは?】の続きを読む



(出典 img.news.goo.ne.jp)


「ワリエワの処分は非常に残念ですが、ルールを厳格に適用することはスポーツの公正さを保つために重要です。日本の団体はワリエワのいない状況でも素晴らしい演技をしており、銀メダルに値する結果だと思います。フィギュアスケートは技術と美しさが両立するスポーツであり、それを見事に表現した選手たちには敬意を表します。」

1 征夷大将軍 ★ :2024/01/30(火) 17:57:00.51 ID:bdIi6Xy59
時事
2024年01月30日16時27分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024013000887&g=spo

米国オリンピック・パラリンピック委員会は29日、ドーピング問題が発覚したフィギュアスケート女子のカミラ・ワリエワ(ロシア)に資格停止などの裁定が下されたことを受け、2022年北京五輪団体で2位だった米国が金メダルに繰り上がると、公式X(旧ツイッター)で明らかにした。ハーシュランド最高経営責任者が国際オリンピック委員会(IOC)に確認したという。

ワリエワが出場して1位だったロシア・オリンピック委員会(ROC)の成績が無効になれば、3位だった日本は銀メダルに繰り上がる見通し。 

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は29日、ワリエワを21年12月25日から4年間の資格停止とし、同日以降の競技成績を全て失格とする裁定を下した。(時事)

【【フィギュア】ワリエワ処分により、北京五輪団体の金メダルが米国に繰り上がる!】の続きを読む

このページのトップヘ