ぜんぶまとめて開運中!

トレンドニュースを中心にスピリチュアルや金融などに関するまとめサイトです。

活動再開



(出典 jprime.ismcdn.jp)


木村拓哉と香取慎吾の関係性が良好になっているという報道を聞いて、ファンとしてとても嬉しいです。SMAPの活動再開が実現することを願っています。

1 冬月記者 ★ :2024/02/26(月) 12:55:47.82 ID:aDk6TDbY9.net
 SMAPが国民的グループと呼ばれる前から裏方として支えてきた名物プロデューサーがこの世を去った。故人の願いは、いつの日か5人が再び同じ舞台に立つことだったという。危篤の知らせを受け、時間差で駆けつけた彼らは病室で何を語り合ったのか──。

 5人の名前が一堂に並ぶのはSMAPが解散して以来約7年ぶりのことだった。2月17日の夜、54才の若さで急逝したフジテレビの名物プロデューサー・黒木彰一さんの通夜が営まれ、祭壇に中居正広(51才)、稲垣吾郎(50才)、草なぎ剛(49才)、香取慎吾(47才)、そして木村拓哉(51才)の供花が飾られた。

 AD時代に『夢がMORIMORI』を手がけ、プロデューサーとして『笑っていいとも!』や『SMAP×SMAP』(以下スマスマ)などを担当した黒木さんは、森且行(50才)を含むSMAPの6人にとっては兄貴分のような存在だった。

「温厚な人柄で、メンバーやスタッフから“クロキン”と呼ばれていました。SMAP解散後も香取さんの『おじゃMAP』や木村さんと明石家さんまさんの正月番組『さんタク』、『まつもtoなかい』などの制作にかかわり、元メンバーと濃密な時間を過ごしてきました」(フジテレビ関係者)

 白血病を患い、約2年前から入院生活を送っていた黒木さんを励ますため、中居は何度も病院を訪れた。

「2月上旬に黒木さんが危篤状態に陥った際も、香取さん、草なぎさんと連れ立って面会に行っています。稲垣さんも仕事を終えた後で病院に駆けつけ、1人ずつ病室に入って会話を交わしたそうです。木村さんも4人とは別の日ですが、病院に行って最後の挨拶をすることができたと聞いています」(前出・フジテレビ関係者)

 2016年12月31日に、28年間の活動に幕を閉じた国民的グループSMAP。解散後も再結成や“一夜限りの再集結”の話題がたびたび取り沙汰されてきたが、いまだ公の場で全員が集まったことは一度もない。彼らの心情を深く理解する黒木さんも、5人が再び同じステージに立つことを待ち望むひとりだった。

「スマスマのチーフプロデューサーを務め、最終回まで彼らを見守った黒木さんにはメンバーそれぞれの忸怩たる思いが痛いほどわかっていた。中居さんはSMAPできちんとした形での“幕引き”ができなかったことを後々まで悔やんでいました。

 一方で、5人揃っての独立に同調しなかったことで裏切り者という見当違いのそしりを受けた木村さんのつらい立場も理解していました。黒木さんは、悲劇的な最終回を迎えたスマスマの特番を5人が再び集まる形でもう一度やりたいと考えていたそうです。中居さんたちにもその考えを伝え、実際に過去に何度かチャンスがあったようですが、実現には至りませんでした」(別のフジテレビ関係者)


 通夜当日、中居と稲垣、草なぎ、香取の4人は時間差で斎場に入り、ほかの弔問客が帰った後もしばらく遺影の前に立ち尽くしていた。

 「会場のスタッフから声をかけられるまで、4人でしんみりした様子で故人をしのんでいたそうです。木村さんも当初は通夜に行くことを望んでいましたが、仕事の都合で叶わなかったといいます」(芸能関係者)

 昨年4月、香取と中居の共演が実現した『まつもtoなかい』の収録現場で、香取が木村の話題に言及していたことは本誌『女性セブン』既報通り(2024年2月29日・3月7日号)。当時、プロデューサーとしてクレジットされている黒木さんは病床に伏していたが、2人の共演を誰よりも喜んでいたという。

「台本はあってないようなもので、約6年半ぶりに共演した中居さんと香取さんのフリートークにはぎこちないところもありました。次第に、かつてのような息の合ったやりとりが始まったと思ったら、香取さんが突然、木村さんの名前を挙げてスタジオに緊張が走ったのです。固唾をのんで見守ることしかできなかったスタッフも、中居さんが笑顔になったことで安堵したのだとか。

 そのときの木村さんについてのやりとりは、時期尚早と考えた中居さんの判断でカットされ、後に未公開シーンが放送された回でも触れられていません。それでも、長らく不仲説がささやかれてきた香取さんと木村さんの間に、もはや何のわだかまりもないことを示す出来事でした」(前出・別のフジテレビ関係者)


 小学生のときに芸能界入りし、SMAPの最年少メンバーだった香取にとって木村は常に憧れの存在だった。香取が30年以上前に木村からもらった革の財布を後生大事に持ち続けているエピソードはファンにもよく知られている。香取は木村を心から尊敬し、だからこそ共に歩めないとわかったときの失望は大きかった。

続きはリンク先
https://news.yahoo.co.jp/articles/b918c1a2d2a53624747f5a846962e25b1b34d7f1?page=1

【【SMAPの恩人】の願いが叶う?木村拓哉と香取慎吾の再集結への道】の続きを読む



(出典 www.news-postseven.com)


えっ、SMAPが再結成するの!?本当に嬉しいニュースです!スマスマの復活や新劇場でのサプライズ計画も聞いて、ますます楽しみになりました。木村拓哉さんに独立情報もあるみたいですが、5人全員が古巣を離れる可能性があるなんて驚きです。どんな未来が待っているのか、ますます目が離せません!

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/02/15(木) 07:42:16.29 ID:KrSbvqGV9
2024.02.15 07:00  女性セブン

 新生ジャニーズとも言える「STARTO ENTERTAINMENT」(以下、スタート社)が、福田淳社長の舵取りの下、この4月から本格的に始動する。新体制の目玉として噂されているプロジェクトがある。

「いま一部の芸能関係者の間で、SMAPの再結成が、強い現実感をもって語られています。彼らがもう一度集結すれば話題になり、大変な熱狂を生むことになる。日本の芸能界の閉鎖性を批判し、“SMAP再結成容認派”の福田社長だけに、現実味を帯びています。

 実は、木村拓哉さん(51才)は福田社長と誰より早く面談したはずですが、いまだに木村さんとスタート社との契約について正式なアナウンスがありません。まもなく決着がつくとみられていますが、スムーズに進んでいないという声もあります。

 これこそが、SMAP再結成の可能性が絵空事ではないといわれる最大の理由なんです」(芸能関係者)

 最近になって、複数のテレビ局幹部がスタート社に「SMAP復活」を働きかけているという話もある。

「なかでも最も前がかりなのがフジテレビだそうです。フジのバラエティー班には稲垣吾郎さん(50才)、草なぎ剛さん(49才)、香取慎吾さん(47才)を引き連れる形で旧ジャニーズ事務所を退所した元チーフマネジャーをいまも敬愛するスタッフが多く、かつて高視聴率を誇った『SMAP×SMAP』の“一夜限りの復活”などを画策する動きがあります」(テレビ局関係者)

 フジの対抗馬とみられるのが、テレビ朝日だ。

「長年、フジの音楽番組のプロデューサーを務め、旧ジャニーズ事務所とも太いパイプを持つプロデューサーがテレビ朝日に電撃移籍するという話があるんです。テレ朝は東京・有明埠頭に『東京ドリームパーク』という地上11階、地下1階の複合施設を2026年に開業する予定ですが、そこには旧ジャニーズタレント専用の“ジャニーズ劇場”が常設されると報じられました。

 フジから招聘するプロデューサーはこの新事業を担当するといわれ、彼の辣腕で新劇場のこけら落としで、SMAPが登場するプランが噂されています」(前出・テレビ局関係者)

 1988年に結成され、1991年にCDデビューしたSMAP。トップアイドルとして平成の時代を駆け抜けた彼らの解散が報じられたのは2016年1月だった。

 報道後、ダークスーツに身を包んだ5人は『SMAP×SMAP』の生放送に出演して解散騒動を謝罪した。木村を除く4人のメンバーの表情はうつろで生気がなく、草なぎのこの発言が世をざわつかせた。

「今回、ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれて、いまぼくらはここに立てています。5人で集まれたことを安心しています」

続きはソースをご覧ください
https://www.news-postseven.com/archives/20240215_1941468.html?DETAIL

【【朗報】SMAP再結成の噂が浮上!スマスマ復活や新劇場でのサプライズ計画も】の続きを読む



(出典 res.cloudinary.com)



(出典 www.sponichi.co.jp)


芸能界復帰の可能性があるということで、久しぶりで名前を聞きました。がんばってほしいです。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/02/07(水) 17:40:11.71 ID:n4yUndwm9
「お久しぶりです」神田沙也加さんの元恋人・前山剛久さんが自分の誕生日にインスタ再開か 芸能界復帰を前所属事務所に直撃「関係ありません」
2024.02.07 17:30  NEWSポストセブン

 2月7日、元俳優の前山剛久さんを名乗るInstagramアカウントが開設された。〈お久しぶりです。前山 剛久です。本日、33歳になりました〉と誕生日であることを報告し、〈これから自分のやりたい事をやっていけたらと思います〉と再始動を匂わせるような一文を添えている。町並みを写した写真も公開しており、看板がハングルで書かれている点などから、韓国の江南エリアで撮影したものだと思われる。

 前山さんは2.5次元俳優として人気を集め、舞台『あんさんぶるスターズ!』天祥院英智役や舞台『刀剣乱舞』鶯丸役、『ヒプノシスマイク─Division Rap Battle─』夢野幻太郎役などを演じてきた。

 2021年12月に女優の神田沙也加さん(享年35)が逝去した際は、〈私、前山剛久は神田沙也加さんと真剣なお付き合いをしており、将来を見据えたお話もさせていただいておりました〉と真剣交際だったことを公表し、神田さんと共演予定だった舞台『マイ・フェア・レディ』を降板した。

 そして翌年1月、所属事務所の公式サイトが〈昨年末より心身に不調をきたし現在も治療を続けておりますが、未だ仕事をすることが困難な状況にある〉と前山さんの活動休止を発表し、2~3月に出演予定だった舞台『ピアフ』も降板。同年6月末には本人の申し出により所属事務所ワタナベエンターテインメントを退所し、芸能界も引退した。

 神田さんが亡くなり、前山さんも心に深い傷を負ったようだ。

「事故の直後、前山さんは札幌まで駆け付けた事務所スタッフとともに帰京。憔悴しきっており、ひとりにはさせられない状況でした。その後はずっとお母さんが泊まり込みで面倒を見ている状態が続いていました。

 神田さんとの関係が報じられる中で、前山さんには誹謗中傷が殺到しました。役者の仕事を続ける道を模索していましたが、苛烈なバッシングで断念せざるをえなかったと聞きます」(芸能関係者)

 前出の前山さんを名乗るアカウントの真偽は不明だが、小澤廉(32)をはじめとした役者仲間も当該アカウントをフォローしている。また、舞台『刀剣乱舞』で共演経験のある俳優・加藤将(31)は、Instagramのストーリーズで当該アカウントを引用し、〈前ちゃんお誕生日おめっと!〉と祝福のメッセージを寄せた。

 なお、ワタナベエンターテインメントに芸能界復帰について問い合わせたところ、「退所してからは関係がありません」との回答で、前事務所に再び所属する可能性はなさそうだ。

 昨年12月に神田さんの三回忌を迎え、いよいよ前山さんも新たな道を進み始めるということだろうか。

https://www.news-postseven.com/archives/20240207_1939586.html

【『お久しぶりです』神田沙也加さんの元恋人・前山剛久、自身の誕生日にインスタ再開を示唆?】の続きを読む

このページのトップヘ