ぜんぶまとめて開運中!

トレンドニュースを中心にスピリチュアルや金融などに関するまとめサイトです。

紅白歌合戦



(出典 storage.mantan-web.jp)



(出典 img.news.goo.ne.jp)


今回の紅白は高齢者の方からすると、誰かわからないアーティストさんがたくさんいたし、歌もわからないし見ていてつまらなかったのでは?どちらかというと年齢が高い方が見ていると思うので、そういった所も視聴率に影響したのでは?と個人的に思います。

1 鉄チーズ烏 ★ :2024/01/02(火) 13:29:37.43 ID:aogzg0mz9
1/2(火) 12:04配信MANTANWEB
https://news.yahoo.co.jp/articles/1b2ca8ef05361521189162a7ab14b9815ae406bc

 2023年12月31日にNHK総合で放送された「第74回NHK紅白歌合戦」の平均視聴率(世帯)が1部(午後7時20分から)29.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ・以下同)、2部(午後9時から)31.9%だったことが1月2日、分かった。第1部は初めて30%の大台を割り、2部の31.9%も、2部制になった1989年以降、歴代ワーストとなった2021年の34.3%を下回った。

 紅白歌合戦の視聴率は1963年には81.4%を記録したが、1986年以降は60%を割り込んだ。2004年以降は40%を前後しており、過去5年では、2018年は1部37.7%、2部41.5%を記録、2019年は1部34.7%、2部37.3%、2020年は1部34.2%、2部40.3%、2021年は1部31.5% 2部34.3%、2022年は1部31.2%、2部35.3%と推移していた。

 「第74回NHK紅白歌合戦」は、「ボーダレス-超えてつながる大みそか-」がテーマで、司会を、有吉弘行さん、橋本環奈さん、浜辺美波さん、同局の高瀬耕造アナウンサーの4人が務めた。2023年12月31日午後7時20分~同11時45分にNHK総合ほかで放送された(途中ニュースで中断あり)。

★1が立った日時:2024/01/02(火) 12:10:47.04

前スレ
【NHK】<第74回紅白歌合戦>第2部視聴率31.9% 歴代ワーストを更新 第1部は初の大台割れ ★2 [鉄チーズ烏★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1704167498/

【【NHK】「第74回紅白歌合戦」視聴率の低下が止まらない!大みそかの伝統番組に危機感】の続きを読む



(出典 img.news.goo.ne.jp)



(出典 img.news.goo.ne.jp)


「YOASOBIの紅白出演、とても良かったです!彼らのエネルギッシュなパフォーマンスに感動しました!アバンギャルディー他、出演者も加わってとても豪華なステージになり見応えがありました。彼らの未来がますます輝くこと間違いなしです!

1 Egg ★ :2024/01/01(月) 08:44:55.45 ID:kHU7g9Sz9
⬛YOASOBI、満を持して「アイドル」国内テレビ初披露 出演者11組と

第74回NHK紅白歌合戦(後7時20分)が31日に東京・渋谷のNHKホールで行われ、音楽ユニット「YOASOBI」が出場。今年最大のヒット曲「アイドル」を国内の音楽番組で初めて歌唱した。

 トリ前というポジションで、「アイドル」を特別演出で披露。

司会の橋本環奈と出場歌手のano、櫻坂46、JO1、Stray Kids、SEVENTEEN、NiziU、NewJeans、乃木坂46、BE:FIRST、MISAMO、LE SSERAFIMが参加。スペシャルダンサーとしてアバンギャルディ、REAL AKIBA BOYZも加わる豪華なステージとなった。

 「アイドル」はテレビアニメ「推しの子」のオープニング主題歌で、オリコン史上最速で再生回数5億回を突破。6月には米ビルボード・グローバル・チャートで日本語楽曲で初めて1位を獲得するなど世界的ヒットになった。 

同曲は今年4月に配信をスタート。世界的ヒットとなった後も日本の音楽番組で一向に披露されないことから、ネットでは「どうしてYOASOBIはテレビでアイドルを歌わないの?」「アイドルってテレビで全然歌わないのはなぜ?」といった声が寄せられていた。

 そんななか、「アイドル」を“テレビ初歌唱”したのは韓国だった。9月21日の韓国の音楽番組「M COUNTDOWN」に出演。韓国でもSNSのダンスチャレンジを中心に「アイドル」がブームとなっていた。

YOASOBIはこの年末もテレビ各局の音楽番組に出演したが、18日のTBS系「CDTV ライブ!ライブ!」で披露したのは「アドベンチャー」、22日のテレビ朝日系「ミュージックステーション SUPER LIVE 2023」では最新曲「Biri-Biri」だった。

 今回、満を持して「アイドル」を国内テレビ初歌唱。曲目が発表された22日にYOASOBIは公式X(旧ツイッター)を更新し、「アイドル」について「世界中でたくさんの方に愛していただいた、『ボーダレス』というテーマにピッタリの楽曲」と説明していた。

また30日に発表された「第65回輝く!日本レコード大賞」(日本作曲家協会主催)でYOASOBIは特別国際音楽賞を受賞。Ayase個人としても作曲賞に輝き、12月1日に行われた香港の野外フェス(香港Clockenflap音楽フェスティバル)で披露した「アイドル」の映像が放送された。

12/31(日) 23:24 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/78a71cba37f0dea1ccac1fc2c58eeb61809cd6f5

写真

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=548&exp=10800

1 Egg ★ sage 2023/12/31(日) 23:27:39.84
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1704038938/

【【紅白初出場】YOASOBIが待望の「アイドル」パフォーマンスを披露!】の続きを読む



(出典 static.chunichi.co.jp)


「紅白歌合戦といえば、やはりジャニーズの出演が欠かせないと思っていました。彼らのパフォーマンスやグループの熱気が盛り上げ役となっていたので、ジャニーズのいない紅白は少し物足りないなと感じました。やはり彼らの存在が紅白を一層華やかで特別なものにしてくれていたように思います。」

1 jinjin ★ :2024/01/01(月) 08:56:54.59 ID:iL/fjw2H9
『ジャニーズのいない紅白歌合戦』に賛否両論

「やっぱ物足りないな」「KーPOPめちゃくちゃいい」


◇31日 第74回NHK紅白歌合戦(東京・NHKホール)

昨年は6組が出場した旧ジャニーズ(現SMILE―UP.)勢が44年ぶりに姿を消す中、31日のネット上では賛否両論の声が挙がった。


今年の紅白歌合戦では、故・ジャニー喜多川氏の性加害問題を受け、所属タレントが1979年以来出演していない。長年多くの「ジャニーズタレント」が出演していただけに、どのような変化が現れるのか注目されていた。

放送を受け、X(旧ツイッター)では「紅白にジャニーズいないのやっぱ物足りないな」「ジャニーズって、偉大なんだなあ、、、」「ジャニーズのいない紅白歌合戦違和感しかないけど??」「ジャニーズがいない大晦日なんて年越せねぇ」など、ジャニーズタレントが出演していないことを残念がる声が多く見られた。

一方で「ストプリが紅白とか信じられない時代になったけどジャニーズ枠が消えたせいで入ったならば新しい試みとしては賛成」「ジャニーズおらん紅白おもろいんかなって思ったけどケーポ(K―POP)めちゃくちゃいいしなんならこっちの方がいい」など、変化を歓迎する声も見られた。

今回は旧ジャニーズ勢が姿を消した一方で、新進気鋭のK―POP勢を含む若手からベテランまで多彩な顔ぶれが集結している。


https://news.yahoo.co.jp/articles/13b60d26d9b1d91eb3c19864f603f909e5818f72

【【紅白】ジャニーズファンの失望 『いない紅白』に物足りなさを感じる声】の続きを読む

このページのトップヘ