ぜんぶまとめて開運中!

トレンドニュースを中心にスピリチュアルや金融などに関するまとめサイトです。

Netflix



(出典 news.yahoo.co.jp)


「忍びの家」のストーリーテリングや演技も非常に素晴らしかったです。キャラクターたちの心情や葛藤がリアルに描かれていて、視聴者に強く共感を呼び起こす要素もあったように感じます。

1 ネギうどん ★ :2024/04/28(日) 12:40:11.22 ID:zZ7tZeQo9
 Netflixで配信された日本ドラマシリーズ「忍びの家 House of Ninjas」(デイヴ・ボイル監督)が世界的な大ヒットを記録した。日本の伝統的な忍者の世界を舞台にしたアクションドラマで、忍者の家族や一族の物語を中心に展開していく。なぜ、世界で支持されたのか、その理由に迫った。 (略)

引き込まれる物語

 それにしても世界的な評価が高い。アメリカ最大の映画レビューサイトRotten Tomatoesの評価は何と100%。2月中旬に公開されると75の国と地域で次々と非英語テレビ部門でトップ10入り。インドネシアでは3週にわたって4位に食い込み、香港では2週目に1位、日本でも1位が2週続いた。前評判が高かったもののNetflixの海外配信で大こけしたTBS系ドラマ「VIVANT」とは対照的な成功を収めた。

 勝因はどこにあるのだろうか。ドラマに詳しい放送ライターがこう話す。

「アクションシーンが魅力的で忍者たちの戦闘技術や緊迫感あふれる戦闘、迅速な動きが視聴者に緊張感を与えましたし、悩みや葛藤を抱える多様な登場人物も魅力的でした。視聴者はその内面や成長を見ることで感情移入し、物語に引き込まれたようです。また、物語には複雑なトリックが含まれていて次の展開がどうなるか気になるような中毒性もありました。忍者の伝統や日本の素朴な風景などは海外視聴者の興味を引いたことでしょう」

「忍びの家」の魅力を挙げれば切りがないが、従来の日本のドラマが取り上げない日本社会への独特な風刺や批判的な見方が底流にある。俵家が住む「忍びの家」は古民家のように老朽化しており、敵である風魔の忍者から憐れみを受けるほど。苦しい家計のなか母親の陽子はスーパーで万引きを繰り返し家へと持ち帰る。そんな忍者一家は文化庁忍者管理局から監視され強制的に任務を指示され、いつも命の危険にさらされている。

 メディア論を担当する大学講師がこう解説する。

「国家に支配され貧しい生活を送る俵家は今の格差社会の縮図です。万引きを繰り返すシーンは2018年に公開された是枝裕和監督の映画『万引き家族』を参考にしているようですし、国家権力に支配され忍びの人生から抜け出せない俵家は、民主主義の欠如を鋭く指摘しています。こうした現代の社会に対する自己批判的な視線はNetflixで大ヒットした韓国の『イカゲーム』や『万引き家族』で全面的に描かれていました。

『忍びの家』は表面的には家族の団結や絆を描いているようで、実は社会的な不公正を暴くという政治的なメッセージを多分に含んでいるように見えます。海外市場で人気を得たのは古い慣習や困窮、格差から抜け出せない家族のジレンマというグローバルな課題を“忍者”というユニークなキャラクターを使って発信したからではないでしょうか。音楽も1960年代に活躍したThe Zombiesの『Nothing's Changed』を効果的に使うなど実に凝っています」

 それに比べると、23年夏クール放送の「VIVANT」にはグローバルな課題がほとんど描かれていないのが分かる。放送当時はテント、別班、警視庁公安、バルカ共和国をめぐって考察合戦が盛り上がったが、SNSには「いくら架空の国とはいえ未熟で腐敗した国家を日本の素晴らしい価値観で導きますという話、正気か?」「なんかバルカの人と日本人が対等じゃない感じも気になって」などと批判する声もあった。これではグローバルに受け入れられるのは難しい。

全文はソースで
https://www.dailyshincho.jp/article/2024/04271051/?all=1

【【ドラマ】「VIVANT」との違いは?Netflixドラマ「忍びの家」が世界的ヒットを記録】の続きを読む



(出典 img.cinematoday.jp)



(出典 img.cinematoday.jp)


実写版の『シティーハンター』が楽しみです!エンディング曲が「Get Wild」新録版ということで、ますます期待が高まりますね。小室哲哉の音楽が映画を盛り上げてくれそうです。

1 muffin ★ :2024/03/15(金) 16:14:08.72 ID:iSMxOncT9
https://www.cinematoday.jp/news/N0142002
2024年3月15日

累計発行部数5,000万部を突破する、漫画家・北条司の代表作を鈴木亮平主演で実写化したNetflix映画『シティーハンター』のティーザー予告映像が15日に公開され、同作のエンディング曲が、 TM NETWORK の新録楽曲「Get Wild Continual」になることが明らかになった。

本作は、裏社会のトラブル処理を請け負うスイーパー(始末屋)、冴羽リョウ(鈴木)が、令和の新宿を駆け回る痛快エンターテインメント。美女には弱いが、並み外れた身体能力と射撃センス、冷静沈着な頭脳で確実に依頼を遂行する、クールでおバカで“もっこり”な伝説的主人公・冴羽リョウ役に鈴木が挑み、ヒロイン・槇村香役で森田望智、リョウの相棒・槇村秀幸役で安藤政信、リョウとは腐れ縁の刑事・野上冴子役で木村文乃が出演する。

予告映像には、お決まりのセリフ「もっこり」を連呼したかと思えば、格闘術とガンアクションで悪党どもを圧倒する、コミカルでクールなリョウの姿が映し出されるほか、令和の新宿駅に復活した、おなじみの掲示板の姿も。そしてラストには、赤いミニクーパーのエンジン音と共に「Get Wild」のイントロが鳴り響く。

小室哲哉は、新たに制作された「Get Wild Continual」について「ハードボイルドであってコミカルでもあり、終わりのないまた続きそうなストーリーのエンディング曲。とにかく冴羽リョウがより近く、より遠くにみえてしまうような魅惑のサウンドを目指しました」と解説。さらに「そして満を持しての実写化での世界配信! この日まで TM NETWORK の Get Wild がエンディング曲として寄り添えるなんて。必ずまた一歩を踏み出せる、そんな曲に育て続けてくださる皆さんに感謝しています」と歓喜のコメントを寄せている。

『シティーハンター』ティーザー予告編 - Netflix


(出典 Youtube)




(出典 img.cinematoday.jp)


(出典 eiga.k-img.com)


(出典 eiga.k-img.com)


(出典 eiga.k-img.com)


(出典 eiga.k-img.com)

【 『シティーハンター』実写版のティーザー予告がついに公開!新たな興奮が広がる】の続きを読む



(出典 stat.7gogo.jp)



(出典 img.cinematoday.jp)


賀来賢人さんの演技力に加え、プロデュースもこなすなんて、本当に才能豊かな俳優さんですね。忍びの家、お面白いです!

1 シコリアン ★ :2024/02/23(金) 21:46:02.31 ID:EpdJY+fU9
俳優の賀来賢人が主演&原案を務めるNetflixシリーズ「忍びの家 House of Ninjas」が世界92か国でTOP10にランクインしたことが報告され、それに対し22日、賀来が自身のX(旧Twitter)で思いをつづった。

◆「忍びの家」世界92ヵ国でTOP10に

ひとりひとりのキャラクターが際立った家族ドラマに魅了され全8話を一気観する視聴者が続出するなど盛り上がりを見せ、その勢いは世界へ広がり続ける「忍びの家」。

2月15日の配信開始から1週間、「今日のシリーズTOP10」において、日本、インド、香港、タイなどを含む世界16の国と地域で1位を獲得。また、フランス、ドイツ、イタリア、アラブ首長国連邦、韓国、オーストラリアなどを含む世界46の国と地域でのTOP3を果たすなど、世界92の国と地域でTOP10入りを果たした。

この快挙について、賀来は「なんだか、脳みそがついていけません。が、世界92ヵ国でTOP10に入ったそうです」「いや、よくわかりません。とにかく」と驚きを隠しきれない様子を見せた。

続けて、「皆様本当に見てくれてありがとうございます」と視聴者に感謝。「オリジナルストーリーで世界に挑戦してよかった。チームを誇りに思います」と自身やチームメンバーをたたえるとともに、最後には「まだまだ広がれぇーー」と意気込みを語り、投稿を締めくくった。

記事全文は
https://article.auone.jp/detail/1/5/9/81_9_r_20240222_1708588151532946

【【Netflix】賀来賢人プロデュース&主演のNetflixドラマ「忍びの家」が世界92ヵ国でTOP10入り!】の続きを読む

このページのトップヘ