ぜんぶまとめて開運中!

トレンドニュースを中心にスピリチュアルや金融などに関するまとめサイトです。

フェス



(出典 resource.murket.jp)


個人の自由ですし、やっぱり自由に踊って楽しむべきだと思います。

1 ネギうどん ★ :2024/05/12(日) 10:01:05.12 ID:JCjUsk3o9
「みんなで手をあげるやつ、今日はやめましょうか」

 星野源の“提言”が話題になっています。5月4日に行われた『VIVA LA ROCK2024』で、観客に対して「みんなで手をあげるやつ、今日はやめましょうか」と呼びかけ、好きなように踊ってほしいと訴えたのです。

 ロックのコンサートをよく知らない人のために説明しましょう。「みんなで手をあげるやつ」とは、観客が手をパーの形でかざして、曲のリズムに合わせて前後に動*応援スタイルのことです。音楽ライブ以外でも、プロ野球の応援団やサッカーのサポーターなどが、エールを選手に届けようという具合にやっているのを見たことはないでしょうか? あれです。

 邦楽ロックのライブやフェスではおなじみとなり、一部では揶揄する声もあがる珍風景となっているのです。

 星野の発言に対するSNS上の反応は様々でした。特に「自由」というキーワードをめぐって意見が割れた様子。皆一様に同じ動きをするのはロックの「自由」から程遠い行為なのだから星野源はよく言ったと称賛する人もいれば、逆にみんなで統一した動きをしたいと思う「自由」だってあるのではないかと考える人もいて、それぞれにうなずける点がありました。

星野源の考える「自由」とは?

 では星野自身の考える「自由」とは何なのでしょうか? 5月7日放送の『星野源のオールナイトニッポン』で、こう語っています。

<ライブをしていて楽しくて。本当にみんながすごくたくさん踊ってくれたり、歌ってくれたり。もちろん、休んでる人もいたし、めっちゃ踊ってる人もいたし。なんかね、それぞれですごい楽しんでくれてる感じがあって、それがすごい嬉しくて。>

 つまり、各々の気の向くままに、個人の裁量で音楽を楽しむことを「自由」だと言っているのですね。きっとイギリスのグラストンベリーフェスティバルみたいな雰囲気をイメージしているのでしょう。大人らしく遊んでくださいねと。そのうえで、“みんな自分で考えましょう”と呼びかけて、実際に観客は応じたわけです。

 ただ、意地悪な見方をすれば、星野源という大物アーティスト=力を持つ者のご託宣に従っただけじゃんと思わなくもないのですが……。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/54155833368689241e7092a50e0b6fe85d3bd1c1

【【音楽】星野源、フェスでの「手をあげるやつやめましょう」発言に賛否両論】の続きを読む


 愛知県10月7日から開催予定だった「Aichiアニソンフェス」の実行委員会が、開催3日前の10月4日に突然の開催中止を発表しました。

【画像】謝罪文全文を見る

 中止の理由については「運営側の不手際により苦渋の決断ではありますが開催を中止せざるを得なくなりました」と説明。ファンや出演者、スタッフに謝罪しています。

 購入済みのチケットは払い戻しを行うとしており、方法が決まり次第公式サイトなどで案内するとのこと。

 同イベントは当初7日から9日まで愛・地球博記念公園で開催予定で、松本梨香さん、ClariSLiaさんなどが出演を予定していました。出演予定だったアーティストは「楽しみにしていたので非常に残念」などSNSコメントしています。

Aichiアニソンフェス


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 image.itmedia.co.jp)


「運営側の不手際による中止は、アーティストだけでなく、来場予定のファンにとっても非常に悲しいニュースです。こんなことがあるなんて予想だにしなかったので、本当に驚きました。改善策を考えて欲しいという思いと共に、出演予定だったアーティストたちには、次回の開催時にぜひまた参加してもらいたいです。」

<このニュースへのネットの反応>

【【運営ミス】ファン待望のAichiアニソンフェス、開催直前で中止発表!残念な結末にアーティスト一同驚き!】の続きを読む



(出典 www.youtube.com)


「異次元フェスの追加出演者、めちゃくちゃ豪華ですね!最初のラインナップだけでもすごかったのに、ますます楽しみが膨らみます!誰が来てくれるのかな?想像するだけでワクワクします!楽しみにしてます!」

1 名無しで叶える物語(もんじゃ) :2023/08/11(金) 12:07:13.33 ID:QV39lu+l

【異次元フェスの追加出演者wwww】の続きを読む

このページのトップヘ