ぜんぶまとめて開運中!

トレンドニュースを中心にスピリチュアルや金融などに関するまとめサイトです。

お笑い



(出典 iroiro-siraberu.com)


サンドウィッチマンが激推しするなら、間違いなくその45歳の芸人は面白いに違いありません。どんな判断基準で選ばれるのか気になりますが、期待して待ちたいと思います。

1 muffin ★ :2024/05/14(火) 18:37:39.60 ID:1oeXYucY9
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2324476/
2024/05/14 15:50

「今年12月の『M-1グランプリ』は、松本人志さん(60)が裁判のため長期休業中とあって、新たな審査員が加わることになることになるでしょう。すでに、各方面で最有力視されている人気芸人の名前は一致しています」(制作関係者)

昨年のM-1グランプリで優勝した令和ロマン。大会初の2連覇を狙っていることでも話題だが、すでに新たな審査員探しが始まっているという。

「通常の代役であれば、松本さんの所属する吉本興業の芸人が務めることになりますが、今回は裁判中ということもあり、あえて“松本色”を薄める方向性で進んでいるようです。そのため、“非吉本の人気芸人”で“ネタ作り担当”“芸人たちも認める芸人”、かつ“審査員歴がある”といった要素をすべて満たしているオードリーの若林正恭さん(45)が適任だという声が相次いでいるのです」(前出・制作関係者)

オードリー若林といえば、テレビのレギュラー番組を10本(コンビ含む)抱え、今年2月には長寿番組のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』で開催した東京ドームイベントを超満員にした屈指の人気芸人だ。

実は、若林を推す“動き”が5月8日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)でも見られていた。サンドウィッチマンのゲスト回で、富澤たけし(50)は「M-1グランプリ」審査員を昨年まで6年連続で務めている。

「伊達みきおさん(49)もM-1をリアルタイムで見ており、出場者の点数を富澤さんにその都度、LINEで送るそうです。富澤さんは自分で点数を付けたあとに伊達さんの点数を見て、自分の審査がブレていないか確認するそうです」(前出・制作関係者)

番組中、富澤は突然、若林にこう切り出したのだ。
「審査員(のオファー)来たらやる?」驚く若林は「俺は、そこはできないかもな……って思ってますね」と答えると、すかさず伊達が「若手は多分、若林くんに面白いと思われたい人多いと思うよ」と“口説いた”のだ。

「サンドウィッチマンがM-1で優勝したのは2007年。その翌年、準優勝だったのがオードリーでした。同番組ではその後、伊達さんが“(若林の相方の)春日に面白いと思われたい若手はいない”と笑いを取っていましたが、サンドの2人は、若林さんのM-1審査員入りを願っている本音が出たのだと思います。

続きはソースをご覧ください

【「45歳人気芸人」松本人志休業中に新たなM-1グランプリ審査員候補が急浮上!】の続きを読む



(出典 assets-www.leon.jp)


太田さんが松ちゃんに呼びかけたなんて、本当に感動しました!
太田さん、さすがです。

1 ひかり ★ :2024/01/01(月) 15:04:06.03 ID:u9GXwTGp9
 爆笑問題・太田光が、1日放送のフジテレビ系『新春!爆笑ヒットパレード2024』に生出演し、ダウンタウン・松本人志に呼びかける一幕があった。

 大トリで漫才を披露した爆笑問題は、太田が漫才の冒頭で叫ぶ「助けてくれー!」をいつも通りに放ちながら「今の吉本興業の叫びです」とニヤリ。田中裕二からツッコミを受けるも、同じスタジオでネタを見ている吉本興業所属の芸人たちに「どんよりするな!助けてやれ!」と呼びかけた。

 ネタ後のトークでも太田は止まらず、カメラ目線で「松ちゃん、元気?一緒にお笑いやろうよ!」と笑顔で話し、田中から猛烈なツッコミを受けていた。

オリコン
https://news.yahoo.co.jp/articles/70d8504e305cbe208f1b6796783b455682ec789a

【【一緒にお笑いやろうよ】太田光が松本人志に呼びかける!】の続きを読む



(出典 news.tv-asahi.co.jp)



1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/12/25(月) 21:00:18.52 ID:d83Tzd3V9
2023.12.25 20:00  NEWSポストセブン

 2023年のキャッチコピーは「爆笑が、爆発する。」──年末恒例の漫才日本一を決める「M-1グランプリ2023」(テレビ朝日系)の決勝戦が12月24日に行われ、これまで優勝には不利とされてきたトップバッターを務めたコンビ「令和ロマン」が第19代王者に輝き、賞金1000万円を獲得した。

 芸人たちにとっては、人生を一変させる大金のはずだが、令和ロマンのツッコミ担当・松井ケムリ(30才)にとっては、全くの“はした金”だったようだ。

 優勝会見では、「相方(高比良くるま・29才)から『賞金1000万円全部くれたらめっちゃ頑張る。くれないと頑張らない』と言われたので、その場で全部あげると約束したんです」と告白。「それは、優勝するとは思ってないから言ってたんですが、その賭けに僕が負けたので1000万円あげます。500万あげることは全然何とも思わない」と続けた。

 さらに、大会後に映像配信サービス「Lemino」で配信された「M-1グランプリ2023 イブより熱い大反省会!」では衝撃の事実が明かされた。

「司会を務めた麒麟の川島明さん(44才)から『実家とか苦しいでしょ? それでいいの?』と振られたケムリさんは、“ぼく、お父さんが大和証券の副社長なんで”と発言。実は、ケムリさんのお父さんは、大和証券グループ本社副社長にして最高執行責任者(COO)なのです。昨年のYouTube動画では、父の年収が1億8100万円、月収だけで1200万円以上と明かしていました。

 とにかく金持ちエピソードには事欠かなく、“少年時代からディズニーランドに行けば、会員制レストランで食事”、“実家はコンシェルジュ付きマンション”と、本物のセレブなのです」(芸能関係者)

慶応大学「卒業」という誤情報

 ケムリは、名門男子校の桐朋中学・高校から慶應大学法学部に進学したエリート。また、エキセントリックなボケでM-1会場を湧かせた相方のくるまも、元慶大生である。決勝直前の22日のSNSでは「私が慶應を卒業したという誤情報が回ってるけど、慶應が私なんかを輩出する訳がないでしょ!! 私は中退です!!」と詳細を表明した。

 高学歴エリートコンビの実力は本物だ。2018年のNSC(吉本総合芸能学院)東京校23期の卒業ライブでは優勝し、首席で卒業。その年のM-1で、芸歴1年目にしていきなり準決勝進出と、将来を嘱望されていた大器だった。

 今回は、決勝進出10組によるファーストステージ(3位通過)、その上位3組による最終決戦と、ともにトップバッターで出場しての優勝。トップバッターでの優勝は、22年前の第1回M-1グランプリ王者・中川家以来という快挙だった。

 新チャンピオンは2024年、さらなる話題をお茶の間に提供し続けてくれそうだ。

https://www.news-postseven.com/archives/20231225_1930496.html?DETAIL

【【優勝】M-1王者の令和ロマンが驚愕の決断! 賞金1000万円を放棄して話題沸騰】の続きを読む

このページのトップヘ