ぜんぶまとめて開運中!

トレンドニュースを中心にスピリチュアルや金融などに関するまとめサイトです。

映画・ドラマ・アニメ



(出典 encount.press)


「まったく刑事に見えない」というツッコミが多かったですが、逆にそのギャップが可愛くて魅力的だったと思います。西野七瀬さんの明るいキャラクターが、映画全体の雰囲気を明るくしていましたね。

1 ネギうどん ★ :2024/06/06(木) 14:50:57.99 ID:bVJS2Lez9
俳優の舘ひろしと柴田恭兵がW主演する映画『帰ってきた あぶない刑事』が大ヒットしている。

5月24日~26日の国内映画ランキングでは、初日から3日間で観客動員25万1600人、興行収入3億5300万円をあげ、初登場1位を獲得した。

早くも2016年公開の前作『さらば あぶない刑事』の最終興収16億3000万円超えが現実的になっており、関係者もホクホク顔だろう。

一方で映画通からは、厳しい指摘も飛んでいる。

タカ&ユージを演じる舘と柴田はともかくとして、港署捜査課の刑事・早瀬梨花を演じる俳優の西野七瀬の〝ガンアクション〟が、「まったく刑事に見えない」という声が相次いでいるのだ。

実際、敵対相手に銃口を向けるシーンでは、なぜか拳銃の引き金に指がかかっておらず、一部観客からは「本気で撃つ気があるのか」「なんのために構えてるの?」などツッコミが殺到。SNS上でも〝拳銃警察〟が出動し、西野の拳銃の構え方に苦言を呈している。

西野七瀬はアイドル感が抜けない?

「日本の警察は誤射をさけるため、実際に銃を構えてもトリガーに指を掛けることは少ない。この場合、人差し指はトリガーの横に伸ばすのですが、西野の場合はグリップを握ってしまっているので、いざというときに発砲できません」(ミリタリー誌編集者)

また、銃を持つ右手を下から左手で支えているが、これは〝リボルバー〟の持ち方なのだとか。

「現代のオートマチック拳銃でこの持ち方は非効率的とされており、横から包み込むように支えるのが正解。なぜか今でも映画やドラマでこの構えを見ますが、演出家の知識がいまだにアップデートされていないのでしょう。ガンマニアにしてみれば完全に興ざめ」(同・編集者)

もっとも、「あぶない刑事」シリーズは、タカ&ユージの派手なガンアクションが見どころのひとつで、一般的な日本警察のお手本のような拳銃の撃ち方は、はなから考慮などされていないのも確か。

西野の場合、女性アイドルグループ『乃木坂46』メンバーという印象がまだ強く、拳銃の構え方以前にそもそも刑事っぽくないといえるかもしれない。

https://weekly-jitsuwa.jp/archives/139817

https://pbs.twimg.com/media/GIYYcyva8AAHENy?format=jpg&name=4096x4096

【【映画】『あぶない刑事』での銃の持ち方にツッコミの嵐!西野七瀬の演技に賛否両論】の続きを読む



(出典 entamerush.jp)


竹内涼真の演技力で龍が如くを実写化するとは夢のような話ですね。世界中のファンが楽しみにしていることでしょう。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/06/04(火) 12:25:24.84 ID:BRNTLwSU9
2024年6月4日11時59分

竹内涼真(31)が、Amazonオリジナルドラマ最新作「龍が如く Beyond the Game」(全6話)に主演することが4日、都内で行われた会見で発表された。セガから2005年(平17)に発売された人気ゲームシリーズ「龍が如く」に着想を得たオリジナル脚本による実写ドラマで、10月25日からプライムビデオで240以上の国や地域で、30以上の言語で世界独占、同時配信配信が決定した。竹内は「240カ国って、すごいですね」と驚いた。

「龍が如く」は、セガから2005年(平17)に発売された人気ゲームシリーズ「龍が如く」ゲームと同じく実在の歓楽街をモチーフに作られた神室町が舞台。主人公・桐生一馬と兄弟同然で育った3人の孤児たちが、どのような生きざまを歩んでいくか、その道のりを、1995年(平7)と2005年(平17)の、2つの時間軸を行き来しながら、の、友情、成長、葛藤をエモーショナルに描くクライムアクションドラマ。

竹内は、義理人情に厚く、強くてカリスマ性のある“伝説の極道”桐生一馬を演じ、武正晴監督(57)が手がける。

竹内は主演が決まった際の思いを聞かれ「素直に言うとビックリした。桐生は知っていましたし、どうして僕を選んでいただいたのだろうと理由を考えた。すてきな原作があり…みんな桐生一馬、大好きでしょ? 演じるに当たり覚悟を決めないといけないと思った。命をかけて臨まないと、作品が成立しないという重圧、使命感があった。挑戦しないと、と湧き上がる気持ちがあった」と熱く語った。

撮影は、23年5月から約半年かけて行った。竹内は「半年間、命をかけてきた。撮影の半年は桐生一馬だったし、切り離せないほど近いところにあった。体作りもそうだし…10年のコントラストを描くのにビジュアルも変えないといけない。キャストと家族のようにすごした。1年前の、その瞬間にしかできない、自分人だったのかな」と撮影を振り返った。そして「ゲームに描かれていない部分を、原作にリスペクトして描く。愛情に飢えている…そういう部分を人間らしく、生々しく演じられたらと思った」と語った。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202406040000273.html

(出典 www.nikkansports.com)


(出典 www.nikkansports.com)

【竹内涼真主演「龍が如く」実写化ドラマ、アマプラで世界独占配信決定!】の続きを読む



(出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



(出典 media-groove.com)


大泉洋さんのコミカルな演技と古畑任三郎としてのキャラクターにピッタリだと思います!見たいですね。

1 muffin ★ :2024/05/31(金) 22:18:34.40 ID:5V21FNWd9
https://news.yahoo.co.jp/articles/461fbf4985309d6fee529cb114474b3814e728ed
5/31(金) 10:02配信

警部補・古畑任三郎がトリックを解き明かして犯人を追い込む人気ドラマ『古畑任三郎』(フジテレビ系)。第1話の放送から30周年を迎えたことを記念して、5月24日から「ハッピーアワー」枠で一挙再放送されている(関東ローカル)。『古畑任三郎』の魅力といえば、なんといっても故・田村正和氏演じる古畑の存在感だろう。そこで今、ネットでは「二代目古畑任三郎を演じるとしたら誰がいい?」との話題が盛り上がっている。

田村正和氏の演技が素晴らしく、また特徴的だっただけに悩む人が多いよう。
《ユーモアを考えたら大泉洋がいいんじゃない?面白く演じてくれそう》
《堺雅人なら単なるモノマネにならずに、独特の個性を出せると思う》
など、さまざまな意見が飛び交っている。

 その一方で、
《キムタクだけはやめて欲しい》
《話題性でキムタクを選ぶのだけは勘弁して》
と、木村拓哉が演じる可能性について拒否反応を示す人も多い。
木村さんの演技力には懐疑的な意見が多いので、実力派俳優だった田村さんの後継にはふさわしくないと思う人が多いようです」(芸能ライター)
実は『古畑任三郎』シリーズには過去に2回出演している木村拓哉だが、それだけでは後継者となるには決め手に欠けるようだ。

「“二代目は誰に”という議論の前に、《そもそも古畑任三郎は田村正和しか演じられない》といった意見も根強くあります。彼の存在が唯一無二なのはもちろん、“台本を現場では読まない”“NGを出さない”“生活感を見せない”など、田村さんにはさすが大スターと言うべき伝説級のエピソードがたくさんあります。そういった田村さんの個性が古畑任三郎に反映され、これほど愛されるキャラクターとなったのではないでしょうか」(前出・芸能ライター)

先に挙げた2人以外にも、《金田一耕助の演技が良かったから》と稲垣吾郎を推す声もあるが、やはり田村正和氏の古畑任三郎が忘れられない人が多いようだ。そもそも、脚本の三谷幸喜自身が役者ありきで脚本を書く「当て書き」の脚本家。役者が変われば内容も変わるため、万が一続編が作られたとしても、それはもう『古畑任三郎』ではないだろう。だが、それでも“もしかしたら”を考えるのは楽しいものである。

【ネットで話題沸騰!二代目古畑任三郎の候補に注目の俳優たち】の続きを読む

このページのトップヘ