ぜんぶまとめて開運中!

トレンドニュースを中心にスピリチュアルや金融などに関するまとめサイトです。

スポーツ



(出典 full-count.jp)


ダルビッシュ凄すぎ!日米通算200勝達成おめでとう!これからもさらなる活躍を期待しています!

1 牛乳トースト ★ :2024/05/20(月) 11:21:46.42 ID:zrKf0nxw9
7回2安打無失点で4連勝、日米通算200勝は野茂英雄と黒田博樹に次ぐ大記録

■パドレス 9ー1 ブレー*(日本時間20日・アトランタ)

パドレスのダルビッシュ有投手が19日(日本時間20日)、敵地で行われたブレー*戦に先発登板し、史上3人目となる日米通算200勝を達成した。7回99球を投げ、わずか2安打無失点。9三振1四球の快投だった。NPBでは日本ハムで93勝、メジャーではレンジャーズ、カ*、パドレスで計107勝を積み重ねた。

 本来は18日(同19日)の同戦に先発予定だったが、悪天候のため中止となってスライド登板。初回から3点の援護をもらってマウンドに上がると、2死からオズナに左二塁打を許したが、オルソンから空振り三振。2回、3回も走者を許しながら無失点に抑えると、4回からは4イニング連続でパーフェクトに封じた。

 日米通算200勝は野茂英雄(日78勝+米123勝)、黒田博樹(日124勝+米79勝)に次ぐ大記録。昨年7月に日米通算196勝としたが10試合連続で足踏みし、今年4月には首の張りでIL(負傷者リスト)入りした。しかし、4月30日(同5月1日)の本拠地・レッズ戦で復帰すると今季初勝利。怒涛の4連勝で達成した。

 さらには、快挙を彩る好記録のオマケつきだ。MLB公式のサラ・ラングス記者によると、メジャーでのキャリア初となる4先発連続無失点。37歳以上での4先発連続無失点は、1901年以降では2005年のケニー・ロジャース以来2人目となる。また、5イニングを投げ切っての4先発連続無失点はパドレス史上初だ。

 7回まで無失点に抑えたことで、25イニング連続で無失点。米放送局「ESPN」によると、キャリア最長だという。これで今季は9試合に先発登板し、4勝1敗、防御率2.08。チームは9回に1点を失ったが、9-1で逃げ切り2連勝となった。(Full-Count編集部)

2024.05.20 Full-Count
https://full-count.jp/2024/05/20/post1558070/

【【MLB】ダルビッシュ、日米通算200勝達成!自己最長25イニング連続無失点も達成】の続きを読む



(出典 img.news.goo.ne.jp)


佐々木朗希のプロ意識が感じられる。悔しさをバネにして、次につなげていってほしいと思う。

1 冬月記者 ★ :2024/05/10(金) 22:14:54.97 ID:tsBfTnT99
https://news.yahoo.co.jp/articles/16fc05da5aa0a59b764338564bd3de0e4479daea

佐々木朗希、怒り噴出! 降板後にベンチ内で何かを蹴飛ばすしぐさ 5イニング2/3を5失点KO

 ◇10日 日本ハム―ロッテ(エスコンフィールド北海道)

 ふがいない自分への怒りが噴き出した。6回途中、降板を告げられたロッテの先発・佐々木朗希投手(22)がベンチ内で何かを蹴飛ばすようなしぐさを見せ、珍しく感情をあらわにした。

 自己最多を大きく上回る123球の熱投をみせたが、2点のリードを守れず。後を受けた2番手の岩下大輝投手(27)も打たれたため、佐々木は5イニング2/3を5失点でのKOとなった。

 本調子とは程遠い投球だった。2回に日本ハムの4番・マルティネスに甘い156キロを打たれ先制ソロを浴びた。打線が3回1死一、二塁からのソトが放った2ランで逆転してくれた直後の4回は1死一、三塁、5回は1死一、二塁と、毎回ピンチを背負った。

 スライダー、フォークを多投して何とか最少失点で踏ん張ったが、球数が100球を優に超えた6回に崩れた。

 1死から連打を浴び、2死二、三塁から2番・松本剛には低めのフォークを右前に落とされた。痛恨の同点2点適時打。続く郡司にも安打を許して、吉井理人監督(59)は交代を命じた。

【【野球】佐々木朗希、降板後のベンチ内でのリアクションにファンも驚き!】の続きを読む



(出典 news.biglobe.ne.jp)


宇野昌磨は本当に素晴らしいスケーターでした。引退は残念ですが、これからの新たな挑戦も楽しみにしています。

1 Anonymous ★ :2024/05/09(木) 11:17:43.61 ID:F5ETgz+r9
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/a4f105443e514bf537ed9e1cb46aac38c19206b9&preview=auto

 フィギュアスケート男子で22、23年世界選手権2連覇の宇野昌磨(26=トヨタ自動車)が9日、現役を引退することを発表した。自身のSNSで伝えた。

【写真】宇野昌磨 交際中の本田真凜とラブラブ2ショット9枚投入

 宇野は「この度、現役選手を引退する決断を致しました」と発表。「今日まで競技者としての僕を応援してくださった皆様、支えてくださった皆様本当にありがとうございました」と感謝を伝えた。

 「5歳の時にスケートと出会い、21年間続ける事ができ、素晴らしい競技生活を送れたことにとても感謝しております」と周囲への感謝を記し、「5月14日に引退の記者会見を行い、僕の想いや、今後の活動についてはその場でお話しさせていただきます」と、今月14日に引退会見を行うと説明。「会見はトヨタイムズでLIVE配信されますので、ご覧いただければ幸いです」とし、「引き続き、宜しくお願いいたします」と呼びかけた。

【【フィギュアスケート】宇野昌磨が衝撃の現役引退を発表!】の続きを読む

このページのトップヘ