ぜんぶまとめて開運中!

トレンドニュースを中心にスピリチュアルや金融などに関するまとめサイトです。

2chまとめ



(出典 s.eximg.jp)



(出典 cimg.kgl-systems.io)


批判する人たちはゲームの内容を見ずに単純に主人公が黒人の侍だからと言って批判するのは違うと思います。ゲームが出てからじっくり評価すべきですね。

1 muffin ★ :2024/05/17(金) 21:28:16.94 ID:7WwKkrU59
https://sirabee.com/2024/05/17/20163288942/
2024/05/17

ユービーアイソフトは、プレイステーション 5/Xbox Series X|S/PC(Win/Mac)用アクションアドベンチャー『アサシン クリード シャドウズ』の最新トレーラーを公開。主人公の侍・弥助に賛否の声が寄せられていると話題を呼んでいる。

『アサシン クリード』シリーズといえばユービーアイソフトによるステルスアクションゲーム。アサシン教団に属するアサシンとして、世界の人々をマインドコントロールしようとしているテンプル騎士団の野望を食い止めるため、暗殺を行うストーリーが軸となっている。
中略

そんな同シリーズの最新作として、安土桃山時代の日本が舞台の『アサシン クリード シャドウズ』が発売される。同作は伊賀出身の忍かつアサシンである奈緒江と屈強な侍・弥助のダブル主人公が採用されており、互いに交差するストーリーを辿りながら戦乱の時代の中で活躍するという。

そんな同作だが、ネット上では「弥助」の登場に賛否の声があがっているようだ。というのも、弥助は戦国時代の日本に渡来した実在する黒人男性。戦国大名・織田信長に謁見し、気に入られたことで彼の家臣として召し抱えられたとされている人物なのだ。日本が舞台の作品に黒人の侍が登場したことで「UBIはポリコレに屈したんだ」といった旨の批判の声が、海外ユーザーを中心に寄せられていた。

しかし、これらの批判の声をあげている海外ユーザーの多くは「弥助が実在しない人物」だと誤解している模様。そのためか、日本ユーザーらからは「弥助は嘘みたいな超美味しい経歴持ってるんだから起用したくなる気持ちも分かる」「昨今の風潮から考えられうる最善のキャストだよ。弥助は本当にいた人物だし、物語は脚色バリバリのフィクションが追加されるけど、主人公が本当にいた人なのは強い」といった納得の声が寄せられていた。

また弥助を採用するのであれば、上記でも紹介したアサシン教団とテンプル騎士団のストーリーを紡ぐことも可能だろう。現状、ストーリー展開は明らかにされていないが、今後の情報公開に期待したい。

https://www.famitsu.com/article/202405/5194

(出典 cimg.kgl-systems.io)


(出典 cimg.kgl-systems.io)


(出典 cimg.kgl-systems.io)


(出典 cimg.kgl-systems.io)

【【ゲーム】「アサシン クリード」新作の主人公に黒人の侍・弥助が抜擢!海外ユーザーからの批判の声とは?】の続きを読む



(出典 bunshun.jp)



(出典 hi-mylife15.com)


金のペアリングまでつけているなんて、本当に愛情が深いんですね。これからも2人の幸せを願っています。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/05/15(水) 16:10:51.17 ID:xEXUP4Yl9
「週刊文春」編集部

 5月8日午前5時頃の東京・目黒区。長い夜が明け、朝日が昇り始めた目抜き通り沿いに佇むラーメンチェーン店を訪れる芸能人カップルの姿があった。周囲の目を気にすることもなく、店先で談笑する二人の薬指には……。

◇◇◇

2016年、映画「四月は君の嘘」で初共演

 俳優の広瀬すず(25)と山﨑賢人(29)。人気俳優同士の熱愛を「文春オンライン」が報じたのは、2022年7月のことだった。

「当時、広瀬が借りていた家賃3桁万円を超える超豪華マンションに山﨑が連日通う様子をキャッチ。さらに、6月19日の広瀬の誕生日に東京ドームで行われた那須川天心と武尊の格闘技の試合を広瀬の母親、兄と一緒に観戦していました。双方の事務所に交際について聞くと、どちらも『プライベートは本人に任せております』と回答。交際を暗に認めました」(当時取材した記者)

 広瀬と山﨑は2016年に公開された映画「四月は君の嘘」で初共演を果たしている。

「2人とも人見知りな性格だったが、撮影が進むにつれ、少しずつ打ち解けて、やがて意気投合。クランクアップ後もプライベートで定期的に遊ぶ仲になったそうです」(スポーツ紙記者)

 この共演と時を同じくして、2人はスターダムを駆け上がっていく。

 広瀬は2016年から公開の映画「ちはやふる」シリーズで主演を務め、2019年に放送された連続テレビ小説「なつぞら」に主演。平均視聴率21パーセントを獲得(関東地方)。その前年の紅白歌合戦の司会を務めるなど、俳優業以外にもマルチに活躍。来年公開予定の映画「片思い世界」では杉咲花(26)、清原果耶(22)と共にトリプル主演を務めることも話題となった。

交際は順調、2人の薬指には――

 一方の山﨑は2018年放送のドラマ「グッド・ドクター」で主演を務めると、その後も映画「キングダム」シリーズ(2019年~)や、「ゴールデンカムイ」(2024年公開)で主演を務めた。

「ゴールデンカムイ」では半年かけて体重を10キロ増量し、作中の役の理想の体型を作り上げてから撮影に臨むなどし、役者としての評価もうなぎ上りとなっている。

 そんな、超多忙を極める二人だが、22年の交際発覚以降もその関係は順調そのものの様子。

 そして、国民的ビッグカップルの近況を目撃したのが冒頭の場面。2人の薬指にはお揃いの金のペアリングが輝いていたのだった――。

 5月15日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および16日(木)発売の「週刊文春」では、広瀬すずと山﨑賢人が薬指に嵌めていたペアリングの写真を独占公開。さらにこの日の2人のデートの詳細や、2人の近況についても伝えている。

https://bunshun.jp/articles/-/70826

(出典 bunshun.jp)


広瀬すず♡山﨑賢人「薬指にペアリング!」《スクープ撮》バー→塩ラーメン→半同棲マンション【写真多数】
https://bunshun.jp/denshiban/articles/b8661

【【文春】広瀬すずと山﨑賢人、早朝ラーメンで密着!金のペアリングにファン騒然】の続きを読む



(出典 seikatsusoken.jp)


こんなに大音量で抗議するなんて、迷惑極まりないですね。田村淳さんのご家族や近隣の方々が困っていることでしょう。静かに対話をするのが、問題解決の手段だと思います

1 冬月記者 ★ :2024/05/11(土) 00:51:01.97 ID:aa1JJu0D9
https://news.yahoo.co.jp/articles/256e1047627d012672a49526ee1d49a4a4604f13

「お前が偏向報道だよ!」ロンブー田村淳に『つばさの党』根本良輔氏らが“自宅前街宣”の「波紋」

 『ロンドンブーツ1号2号』田村淳の発言が、政治団体『つばさの党』の幹事長で、衆議院東京15区の補欠選挙に出馬していた根本良輔氏の逆鱗に触れたようだ。

 5月5日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、同補選に出馬していた作家の乙武洋匡氏がスタジオのゲストとして出演。

 告示日の4月16日の街頭演説で乙武氏は、根本氏や『つばさの党』陣営関係者から、近くで大音量の演説をされたり、車のクラクションを鳴らすといった行為を受けた。

 警視庁は根本氏や『つばさの党』代表の黒川敦彦氏に「選挙の自由妨害」の疑いで警告を出していたと報じられた。


 これに対しワイドナショーではフジテレビ政治部デスクの高田圭太氏が「YouTubeで流して再生数稼ぎに使っているんじゃないかという指摘がある」と話すと、乙武氏は「ビジネスだと思います」ときっぱり。

 そして淳は「正々堂々と僕たちは戦ってほしいと思うけど、彼らからしたら正々堂々なんて全く関係ないから。とにかく目立てばいいとか、こうやってメディアで名前を出すのも嫌だし、名前が出ることが彼らの利益につながると思うから触れたくもないから」と吐き捨てたのだ。

「これに対し、つばさの党陣営は激怒し、Xで《ロンブー田村淳の詳しい自宅住所を知っている人いたら情報ください》とポストして探し始めたんです。そして2日後に淳さんの自宅前と思われる場所の前でマイクを使って大音量で抗議する動画がSNSで拡散されました。もし本人や家族が自宅にいたら恐怖だったでしょうね」(スポーツ紙記者)

 “街宣”で根本氏は「テレビを使って我々の名誉を毀損したから、我々の事務所に脅迫電話とか手紙がたくさん来ている」と言い、淳の発言で被害を受けていると主張した。

 さらに“選挙妨害”ではなく合法の範囲でやっており、逮捕もされていないと話した。

 淳はXで偏向報道は良くないと話しているというが「お前がやっていることが偏向報道なんだよ! ワイドナショーでなんで乙武だけが出ているんだ。欠席裁判ですよこれ! 俺と乙武の問題で、なんで乙武しか出ていないんだ!」と激しく非難。

 さらに過去に報じられたスキャンダルを蒸し返したうえで、「そんなやつがどの面下げてテレビ出てるんだって話なワケですよ!」と“口撃”した。

 加えて根本氏は、「家の前でこんな若造に文句言われて悔しいんだったら俺にDMしてこい!」と果たし状をたたきつけたのだ。

「淳は売名になるので“名前も出したくない”と言って毛嫌いしていた相手に自宅までバレてしまった。これなら根本氏も番組に呼んで、乙武氏と直接対決バトルしてもらったほうがよっぽど安全だったかもしれません。

ただ、根本氏も政治家でもない“いちコメンテーター”の自宅前で街宣をするのは、選挙中のものとは意味合いが違う。“言論の自由”に対する圧力になりかねませんし、“政治家”であるならば、もう少し抗議の仕方を考えるべきではないでしょうか」(全国紙記者)

 まさかの“場外乱闘”となったロンブー淳。今後、根本氏とどう向き合うのか、注目だ。

【『つばさの党』根本良輔氏らが田村淳を偏向報道とする大音量抗議】の続きを読む

このページのトップヘ