ぜんぶまとめて開運中!

トレンドニュースを中心にスピリチュアルや金融などに関するまとめサイトです。



(出典 www.nhk.or.jp)


小西真奈美さんは、仕事への姿勢が問題視されているようですね。プロ意識を持つことは大切ですが、挨拶やコミュニケーションも大切にしてほしいですね。

1 冬月記者 ★ :2024/07/13(土) 19:34:52.50 ID:FaeyEExi9
https://news.yahoo.co.jp/articles/58c4689869d4158cabbcf3b56cdad99f43ed0929


(出典 i.imgur.com)


小西真奈美 ADには挨拶ナシ、プロデューサーには笑顔…フリー転身も業界内で囁かれる「悪評」


《改めまして、皆さま。本当に温かく、優しい言葉の数々をありがとうございます。俳優としてだけでなく、人として、女性として、これからも健やかに、変化することを柔軟に楽しみながら、学び続け、トライし続け、日々、精進していきたいと思っています》

 7月11日、女優の小西真奈美(45)が自身のインスタグラムを更新。2日前に所属事務所エレメンツの退社と独立を報告しており、その投稿に対する反響への感謝と今後の決意を綴った。

 小西は、98年に舞台『寝盗られ宗介』で女優デビュー。デビューからわずか三年の01年にには、NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』で、主人公・国仲涼子(45)の“恋のライバル”役を好演。同年から07年にかけては、当時人気バラエティ番組だった『ココリコミラクルタイプ』(フジテレビ系)にもレギュラー出演し、コメディエンヌとしても活躍していた。

 当時の小西を知る制作関係者はこう明*。

「あるドラマの現場で、監督から『もっとこうしてほしい』と演技指導を受けていたのですが、小西さんは『でも~』『いや、それは~』と、なかなかアドバイスを受け入れない様子でした。仕事にまじめで、芝居へのこだわりも強かったのだと思いますが、スタッフやマネージャーなどへの要求も厳しく、これまで5つの事務所を渡り歩いているのは、そういう彼女の気難しい性格が影響しているのかもしれません」

 小西が最後に所属していた事務所はミュージシャンが多く所属する音楽系事務所だ。18年には、歌手のKREVA(48)がプロデュースした初のメジャーアルバム『Here We Go』で、全ての楽曲の作詞作曲に挑戦。ラップも披露し、そのギャップが話題になった。しかし、その音楽活動も20年に発売したアルバム『Cure』を最後に動きが止まっている。

「音楽活動はずっとやりたいと思っていたらしく、始動した当初は気合い十分だったようですが、パタリと音沙汰がなくなってしまいましたね……」(前出・制作関係者)

小西は元々飽き性な性格なのだと制作関係者は続ける。

「小西さんは好奇心旺盛で、興味があるものには果敢にトライするのですが、その後が続きにくいんです。過去にお仕事でご一緒した際、鶏肉料理にハマっていると聞いて、その話題を持ち掛けたら、『最近は別に…』みたいな反応をされたことがありました。以前、インスタでお手製スムージーをレシピ付きで投稿していたこともありましたが、それもたった三回の投稿で終わっています。熱しやすく冷めやすい性格なのでしょう」


 また、小西はファンから”こにたん”の愛称で呼ばれ、癒し系女優として親しまれているが、世間からの清純なイメージとは違う一面があったと制作関係者と語る。

「下っ端のADさんには挨拶しないけど、プロデューサーにはしっかり笑顔で挨拶するなど、人によって態度を変えていた印象があります。そういう態度を感じが悪いと受け取るスタッフも多いので、彼女がフリーになってこの先やっていけるのか心配です」

 小西は「朝日新聞DIGITAL」のインタビューで、自身の性格を《人の目は気にしない》《好奇心が旺盛で、怖がりだけど行動力があり、失敗を恐れない》(20年11月25日付)と語っている。

 フリーとなった今、好奇心旺盛なところと行動力を生*ためには、人の目を気にして他人の意見に耳を傾けることも大事になってくるのかもしれない。

【【芸能】女優・小西真奈美の挨拶ナシADに悪評?プロデューサーとの関係に注目】の続きを読む



(出典 img.news.goo.ne.jp)



(出典 www.nikkansports.com)


「原涼子さんが50歳とは信じられない!まるで永遠の美少女ですね。全身ショットも素敵です

1 フォーエバー ★ :2024/07/14(日) 09:01:02.11 ID:ea+xSZQz9

(出典 hochi.news)


7/13(土) 14:55配信

スポーツ報知

 女優の篠原涼子(50)が12日、都内で「日本ジュエリー ベストドレッサー賞」の授賞式に出席。その姿にネットは衝撃を受けた。

【写真】衝撃の全身ショット「悲鳴あげちゃった」

 17年ぶりの受賞となった篠原は、パールとダイヤモンドのネックレス、ダイヤモンドの指輪を着けて登壇。「ジュエリーってあまり着けなかったりする。ここまで高価なジュエリーは2007年ぶり。前回受賞以来の高価なジュエリーです」と目を細めつつ、「年齢を重ねることで、ダイヤモンドの輝きはパワーがあると感じてきた。自分の力を向上させてくれる。気になってます」と明かした。

 篠原のほかに女性陣は橋本環奈、白石麻衣、MEGUMI、渡辺直美が参加。篠原はこのなかで最年長ながらも、最も短い膝上ミニで抜群スタイルを見せた。ネットは「篠原涼子さん50歳、綺麗(きれい)すぎる!!!!」「恐るべしアラフィフ涼子。年齢なんて関係ないね」「篠原涼子先生の美しさで悲鳴あげちゃった」と二度見。「篠原涼子の歳が50歳は何かの間違いだと思いたい」「足が50代に見えない」と年齢が信じられない様子だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/876cf7819bf80b16657cab35625998c33540fb63

【【芸能】篠原涼子50歳の全身ショットにネット衝撃!ファンから悲鳴が殺到】の続きを読む



(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


トランプ前大統領が右耳を撃たれたというニュース、本当に驚きですね。なんとも怖い事件です。

1 ぐれ ★ :2024/07/14(日) 10:34:54.32 ID:GFnF+bBf9
※2024年7月14日 10時28分
NHK

アメリカ東部ペンシルベニア州で行われていたトランプ前大統領の選挙集会でトランプ氏が演説を行っているさなかに複数の発砲音が聞こえ、トランプ氏はその後、警護にあたるシークレットサービスに支えられながら会場から退避しました。トランプ氏は耳のあたりから出血していましたが、シークレットサービスは「トランプ氏は無事だ」と明らかにしました。AP通信は「銃を発砲した疑いがある人物は死亡した」と伝えています。

トランプ前大統領は自身のSNSに「右耳の上部を銃弾で撃ち抜かれた」と投稿しました。また「シークレットサービスやすべての治安当局の迅速な対応に感謝する。また、集会に参加し、亡くなった人の家族に哀悼の意を表する」としています。


アメリカ東部ペンシルベニア州で13日午後6時すぎ、日本時間の14日午前7時すぎ、トランプ前大統領がみずからの選挙集会で演説を行っていたところ、複数の発砲音が聞こえました。

現地からの映像では、トランプ氏は右耳のあたりを手で押さえるようなしぐさをしたあと、演台の下にしばらく伏せたような格好になりました。

【ノーカット映像】複数の発砲音 退避するトランプ氏

続きと動画は↓
【ノーカット映像】トランプ前大統領 銃撃 選挙集会で複数の発砲音 耳から出血「発砲疑いの人物死亡」 | NHK | アメリカ大統領選
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240714/k10014511201000.html

【【NHK速報中】トランプ前大統領、右耳を撃たれる事件の当時の状況とは?】の続きを読む

このページのトップヘ